ドロップシッピングの種類

ネットショップ開業
ネットショップ開業ネットショップの種類比較ドロップシッピング>ドロップシッピングの種類

ドロップシッピングの種類について

ドロップシッピングは大きく「DSP型」と「ネット販売代行型」の二つに分けることができます。ネットで普通に「ドロップシッピング」という場合は前者(DSP型)のことを指すのが通常です。ここでは、もっと広義にドロップシッピングを考えていきます。

 

DSP型ドロップシッピング

DSPとはドロップシッピング・サービス・プロバイダーとよばれるもので、ネットショップで販売可能な商品を取り扱っている代理店(プロバイダー)と契約して、そこが取り扱っている商品を自分のネットショップに掲載して販売することができるという形態です。数多くの商品を仕入れることができるというメリットがありますが、独占的契約ではないので、第三者もあなあたと同じ条件で販売ができるというデメリットもあります。

 

ネット販売代理(代行)型ドロップシッピング

広義におけるドロップシッピングは「ネット販売に強みがある人」と「商品力はあるがネットでの販売経験が無い人」という二者が直接契約に基づいて販売を行う形態を指します。DSP型ドロップシッピングと比較すると商品点数などでは問題があるかもしれませんが、商品の質やオリジナル性などはコチラの方が優れています。また、一概に利益率も取れます。

 

 

 

ネットショップ開業ガイド ネットショップ開業の基礎 ネットショップ比較 ネットショップ開業カタログ
リンク集 プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 ネットショップ開業.com All rights reserved.
各コンテンツの著作権は放棄しません。無断転載は一切禁止します。