ネットショップへの集客

ネットショップ開業
ネットショップ開業ネットショップ開業の基礎知識ネットショップ販促のテクニック>ネットショップへの集客

ネットショップへの集客 / ネットショップ販促のテクニック

まずは、ネットショップ開業後はお客様をホームページ(ショップ)に集客する必要があります。こうした集客においては「サーチエンジン(検索エンジン)」「広告」「ショッピングモール」という3つの集客の道があります。

 

検索エンジンを使った集客

検索エンジンを使った集客とは、YahooやGoogleなどの検索エンジンを活用してお客様を集めるということです。多くのユーザーは最初に検索エンジンから自分が欲しい情報や商品を「キーワード」で検索します。例えば、ダイエット食品を販売しているサイトで「ダイエット食品」という検索キーワードで上位に表示されたら、非常に多くの商品が売れるとおもいませんか?検索エンジンを使った集客では、こうした検索エンジンを使った集客のメリットやその方法やテクニックを分かりやすく紹介していきます。
検索エンジン対策はなぜ有効なのか?
検索エンジン対策の基本
リンクポピュラリティ
ねらい目キーワードの見つけ方

 

ネット広告を使った集客

インターネットには様々な広告があります。インターネットを使った商売の場合、費用対効果が非常に明確になりやすいという利点があります。そのため、例えば100円の広告費に対する売上などが調査できます。つまり、広告に対する費用対効果が計算可能なので、あいまいな新聞広告やテレビ広告よりも広告の効果が分かりやすいです。また、費用も小額からスタートできるというのも魅力です。
ネット広告のメリット・デメリット
ネット広告の種類
リスティング広告
アフィリエイト広告

 

ショッピングモールを使った集客

これは、楽天市場やYahooショッピングなどの大手のショッピングモールを通じてネットショップを開業している方限定になりますが、やはりこれらの大手のショッピングモールサイトでは、集客力がかなりあります。もちろん、参加しているお店の数も多いので、価格などの面で競争が激化しやすいという点もありますが、こうした豊富なユーザーがいることはSEO(検索エンジン対策)などができないショップオーナーには魅力的です。

 

 

 

ネットショップ開業ガイド ネットショップ開業の基礎 ネットショップ比較 ネットショップ開業カタログ
リンク集 プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 ネットショップ開業.com All rights reserved.
各コンテンツの著作権は放棄しません。無断転載は一切禁止します。